瀬波の家 経年美化


この度、ブログ内をカテゴリ分けしました。

「日々の風景」では、日常的なウエストウッズの活動や

そのなかで思い、感じた事などをお伝えしたいと思います。

宜しくお願いいたします。

 

では、では、記念すべき1話目ということで。

 

先日、もうじき築4年を迎える「瀬波の家」に

定期点検をかねて伺ってきました。

 

瀬波に入ると、巨大な建造物が目の前に!

 

 

スケボーのランページか?

村上市といえば、オリンピックメダリスト平野選手の地元。

これからも頑張ってもらいたいですね。

 

 

で、現地到着後、早速外部の状況確認から。

 

この家は海に面した立地条件。

素晴らしい眺めを楽しめる反面、

厳しい環境にさらされます。

当然、重塩害と言われる範囲です。

 

 

外部の木部はレッドシダーにウッドロングエコ塗布。

金属類はステンレス。SUS304。

 

 

 

 

 

 

レッドシダーは見事なシルバーに変色しています。

潮風と紫外線と時間が作り出した色です。

 

 

 

金属部も含めて、特に問題は見受けられません。

GOODです。

当時、塩害対策で各部の検討を重ねた事が

懐かしく思い出されます。

 

 

 

 

デッキも綺麗。

 

時間の流れ、

経年によって美しく変化していると言えますね。

 

 

その後、内部の確認。

一般的な範囲の変異(入り隅の隙間など)が見られましたが

大きな問題は無し。

階段に一部、きしみ音があったので、後日調整する事に。

 

内部の壁は、ほぼ原色のまま。

 

 

リビングから海を眺めるとこんな感じです。

目の前の大自然は刻一刻と変化を繰り返し、

天気の良い日は夕日の位置で季節を感じます。

 

旨いコーヒーを頂きながら、久しぶりにご主人と談話。

 

夏の様子、冬の様子。

風が通り抜ける様子。

素足の生活の心地良さは思っていた通り。

知人達とのバーベキューの楽しさ。

夕日を眺めてのビールは最高。

デッキを思い切り大きくして正解だった事。

 

など、など、たくさんの楽しい話を聞かせて頂きました。

また、海を見て暮らすこの生活は、

奥様の強い要望だった事。

今、何の不満もない事。(素晴らしい!)

というお話しに感無量。

 

此方が想像していたとおりの生活がなされ、

それを思う存分堪能して頂いていること。

 

あらためて、「暮らし」とは・・・?

という事を強く感じた一日となりました。

 

 

家は暮らしの為の大きな道具、

永く続く暮らしの為の器。

 

充実感と達成感を感じながら、

また、近く再会を約束して瀬波を後にしました。

 

 

by yama

 

 

 

 

sp
sp
sp

コンタクト

TEL :0258 - 25 - 8239 FAX:0258 - 25 - 8249

メールフォーム